ムダ毛処理、そのトラブルと原因方法

ムダ毛処理、そのトラブルと原因方法

本来、ムダ毛を剃るということは、皮膚をキレイに見せるということが一番の目的です。だから皮膚を傷めてしまっては何もならないわけです。

 

おまけにブリーチなどの脱毛は、繰り返して行っていかなければならないので、精神的にもストレスの原因になりかねません。

 

その上、色々やっていると、今度は皮膚自体が固くなってきて、軟らかさがなくなっていきます。本来なら皮膚から出てくるはずの毛が表面に出にくくなるため、皮膚の下で内部成長したままになるというケースもあります。

 

こうなると皮膚は正常な新陳代謝を行わなくなり、ピンセットなどでいちいち毛をほじくり出して抜いていかなければなりません。ひどい場合は、切開して手術する女性もあり、深くなると出血を伴うような内部成長毛になってしまいます。

 

一般に素人療法による脱毛法で問題になるのは、剃ったり毛抜きを使ったり、あるいはワックスの場合、毛を途中で切ってしまうことです。

 

毛はもともと収縮性を持っていますから、ひっぱられるとのびて、切れた部分がチリチリになって毛根のところへ戻ってしまいます。それが成長すると、まっすぐ生えてこずに、ゆがんだり、曲がった毛になってのびてきます。このことは、頭の毛で白髪をぬいたときなどに、よく経験することです。

 

皮膚の外へ生えてくる場合はまだいいのですが、これが前述したように皮膚の内部に生じてしまうと大変な場合も多々あるものなのです。

 

毛を抜くという行為だけで体に影響を与えてしまうのも損な話ですね。