思春期はホルモンの分泌が盛ん

思春期はホルモンの分泌が盛ん

ホルモンの劣化に対し、分泌が盛んになりすぎて生じる過多現象は、
からだがどんどん成長する思春期に見られる傾向です。

 

ホルモンの分泌はバランスのよいことが、正常な発毛や健康なからだづくりに欠かせませんが、
子供から大人になる時期にはいくつかのアンバランスが生じてきます。

 

毛深いと、ひとことでいっても、毛の太い人、硬い人、柔らかい人、量の多い人、少ない人など、その差は色々なものです。毛深くても肌色に近い赤っぽい色をしていて、柔らかい毛質の人は目立たない場合もあり、反対に濃くないのだけれど、黒くて太い毛質であるために目立つ人もいます。

 

これら思春期の現象は、ほとんどが生まれながら両親などから受け継いだ体質によるものなのです。しかし体質的以外にも、ホルモンに対する感受性の個人差があります。これはストレスによるものですが、意識して毛を濃くしたり薄くしたりできる性質のものではありません。むしろ、あまり気にしたりしないことが一番の対策です。

 

毛深いことを意識しすぎて、剃ったり抜いたりすると、かえってホルモンの分泌を高め、毛根を刺激し、発毛を盛んにしてしまいます。思春期の頃は、誰でも発毛が気になります。

 

男の子はいつになったらたくましく毛が生えてくるのか気になり、女の子だったら太ももの毛深さや陰毛が生えてくることに少なからず気をつかってしまうものなのです。

 

ところが、毛深いと気にしてばかりいると、精神的ストレスを招き、ホルモンの分泌をアンバランスにしてしまいがちなものでもあります。健康あってこその仕事です。