女性の脱毛アレコレ

人は人から生まれてきます。人が人をつくりだすのであれば、体の神秘というのも非常に不思議なものが多々あるようです。

 

やはり結論から言えば、人から見ておかしいような行動は慎むべきでしょう。確かに、周りのみんなが脱毛しているのに、一人でなにか見せびらかしているのでは、それはやっかみの対象になってしまうのもうなづけます。

 

かつて私の知人に永久脱毛をした女性がいました。

 

それ自体の行動としては大したことはないのですが、その結論をくだした意志というか判断に私は女性のしたたかさと真の強さを感じたものです。

 

だからといって馬鹿にするとか、笑ってごまかすというようなことはありませんでしたよ。ちゃんと堂々と向き合って真摯に人脈を広げることができたのではないかと今では感じています。

 

しかし、改まって考えてみると、そういった自分の夢の行動を振舞えたのも自分の親の存在が大きかったように感じています。

 

私を産んでくれた1人の親も、やはり人です。
気持ちを分かち合うだけでなく、泣きを味わったこともあります。

 

脱毛に関しては、あまり大っぴらに語れるようなことはありません。なぜなら野暮な話になるだけだからです。汚らしい紳士的な話では少なくともないと私は感じています。

 

向き合う時は向き合う。しかし、秘密にすることは秘密にしておいても魅力というのは高まるのです。それがまた女性美ということすら可能なのではないでしょうか。私もより謙虚に、しかし、ハツラツに、やはり真剣に万事に取り組んでいいきたいと思っています。

 

続きを読む≫ 2013/11/07 00:51:07

これから熱い夏がやってきます。そんな暑い中、勉強をしたりカレと遊んだりするのは炎天下の中では大変です。かといって、自分のボディケアにはきっちりとした管理をしたいものですよね。

 

そんな女の子たちに送る珠玉のメッセージとしては、「ワキ毛は剃らない」ということなのです。剃らなければ、肌を痛める必要もありませんし、そもそも、イチイチお風呂に入ってカミソリでワキ毛を剃るという行為自体、神への冒涜というかいけない行為なのです。

 

また石鹸をつけてシェービングジェル代わりにしてしまうのも問題です。

 

自分のお肌なのですから、しっかりと管理して、カレにもじゃもじゃを剃ってもらうくらいの気持ちを持ちましょう。いい加減ではいけないのです。しっかりとしたケアをして、しっかりと見せる。それこそ、女の子が神より授かったパワーなのです。

 

素敵な女性になりたければ、脱毛は避けましょう。脱毛してしまうと、性的魅力も消えてしまい、男性陣からのアプローチが少なくなってしまうかもしれませんね。

 

カミソリを買うのもある意味では恥ずかしいことですし、持っているのは、とても危険なことです。皮膚への負担も大きいことですから注意しましょう。

 

いずれにせよ、男性から常に見られているということをしっかりと心に留め、カワイク、しかし、大胆に、激しく燃える女性を演じることが大事なことなのです。あっ、この子はこんな大胆なことがあったんだと男の子がビックリしてしまうくらいの心がけが重要なのです。

続きを読む≫ 2013/11/07 00:49:07

ムダ毛の処理は、毛の生えてくるメカニズムに触れずに、

 

処理をしていく「一時的な方法」と、
ムダ毛の悩みから永久に解放される「永久脱毛法」があるのです。

 

永久脱毛法は毛根組織が再生されないように破壊するとか、あるいは凝固させてしまうという名前の通り、永久に毛が生えないようにする方法です。

 

一般的に行われている永久脱毛法は3つあります。

 

電気分解法

電気分解法といって、これはニードル(小さな針)を毛穴に沿ってインサートし、適度な直流電流を、ニードルを通じて流し、それによって起こされる化学反応で毛根組織を破壊させてしまうものです。

熱解離法

これに対して、熱解離法は、電気分解法と同じようにニードルをインサートはしますが、直流の代わりに高周波電流を使用します。そして、この高周波電流によって発生する熱で瞬間的に毛根組織を凝固させてしまう方法です。熱解離法にはニードルを毛穴にインサートしないで、毛をピンセットのようなものでつまむだけでOKという機器もあります。また同じ方式でも、火花式と手動式と呼ばれるトリートメントテクニックがあります。

エレクトアラシス・ブレンド方式

3つ目の方法として、電気分解法と熱解離法の長所だけを組み合わせた方式、つまり、直流電流と高周波電流を同時に使用したエレクトアラシス・ブレンド方式があります。これは実際の処理方法として効果的で、アメリカなどでは永久脱毛の代名詞になっているようです。

 

このほかにも脱毛クリームやワックスを使って脱毛する方法などもあるようですが、

 


脱毛クリームだけで永久脱毛ができるのかというとそれは不可能です。基本的に脱毛クリームで処理をする場合は、またムダ毛が生えてきますので定期的に処理をする必要があります。

 

引用元:オススメ脱毛クリームランキング

 

上記のサイトでも解説されているように、脱毛クリームやワックスを使って永久的に脱毛できるのかは不透明な部分があるようです。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2013/11/07 00:42:07

毛というものがどうして生えるようになったか、これは大変難しい問題です。

 

これまでも多くの科学者たちが、この問題に取り組んできました。しかし、結局のところ、誰も、その過程を正しくは説明できませんでした。

 

そして、この科学が進んだといわれる現在でさえ、かつては日常の生存競争に必要なものだったのではないか、という漠然とした考え方があるだけです。

 

もちろん毛は外部からの刺激に対して皮膚が傷つくのを防ぐ大切な働きを持っています。鼻や耳の穴は外部と体内をつなぐ通路ですが、やたらに異物がとび込まないよう、穴の内部にサクのような形で毛が生えています。また頭にはどこよりも豊富に毛がありますが、これは人間の一番大事な部分を外傷と熱から守るためのものでもあると考えられるのです。

 

そのほか、ワキの下とか胸とかいろんな部分に毛は濃くなったり薄くなったりして生えていますが、それらはいずれも外界からの刺激から皮膚を守るようになっているのです。

 

例えば、足には、普通外側には薄いやわらかい毛がたくさん生えており、内側にはそれほど多くありませんが、硬い荒い毛が生えています。これは歩く時に足がすれあって内側の皮膚が痛むのを防ぐためのもの、と考えられます。

 

しかし、衣服や暖房のなかった原始時代ならともかく、現代においては、多くの体毛は無用のものとなっています。内モモの毛も、ストッキングを履いていれば、それほど必要性は感じられないようになってきてもいます。

 

続きを読む≫ 2013/11/07 00:38:07

皮膚が気になる、まるで手品のようですが、そのプロセスを説明する前に、皮膚のメカニズムについて考えてみましょう。

 

皮膚の断面を見ると、表面から表皮、真皮、皮下組織の順に構成されています。そしてその表皮と真皮の境は波型になっていて、真皮の方から表皮の方に入り込んでいる部分を真皮乳頭と呼び、皮膚に栄養を運ぶ毛細血管は、この真皮乳頭まで来ています。

 

さて、その毛細血管から来た栄養は、表皮の最も下に新しい細胞ができ、その新しい細胞の下に、さらに新しい細胞ができてくるというわけです。

 

その結果として、古い細胞は次々と表面に押し上げられていく形になり、そして、押し上げられていく過程で細胞の内容物は次第に変化し、最後に角質細胞、つまりケラチンになって皮膚の角質を形成していくのです。

 

その角質が老化したものがアカと呼ばれます。やがてアカははがされていき、新しい細胞が角質化していく……このように皮膚は常に新陳代謝を行っているのです。

 

この皮膚の新陳代謝と、毛がつくられる過程は非常によく似ています。単純にいえば、まず皮膚の一部が陥没して穴になると考えればいいでしょう。皮膚が陥没すると、真皮乳頭も下になり、穴の真下にいきます。そしてここで真皮乳頭は毛乳頭となるのですね。

 

あとのメカニズムは皮膚の場合とまったく同じです。表皮の基底細胞にあたる毛母細胞と呼ばれるものが、毛乳頭組織に接してあり、毛細血管から栄養の供給を受け、次々と分裂、増殖をしていくのです。

続きを読む≫ 2013/11/07 00:37:07

ワキ毛というのは、誰にも生えていて当然のものです。しかし、お洒落な女性なら脱毛することは、最高のオシャレだという価値観を持つ女性陣も多いことでしょう。

 

なぜなら、男性たちによると、ノースリーブのワキの下から、ちょっとでも黒いものが見えたら、もうゲンメツだという声を聞くからなのです。

 

また、“ワキ毛がなくなれば、ワキガが治るのではないか…”ということで脱毛にやってくる人がいます。残念ながら、ワキの毛の永久脱毛をやってもワキガは完治することはありません。

 

ワキガは、アポクリン腺から分泌される脂分を含んだ汗の働きによって起きるわけで、永久脱毛とは直接的な因果関係にはありません。しかし、ワキガのニオイが薄くなることはあるようです。

 

考えられることは、脱毛することで、
ニオイがこもらなくなるということでしょうか?

 

ワキ毛の脱毛のあとは、ワキの下に発汗することはできるだけ避けてください。皮膚は、24時間は不安定な状態が続きますから、そこから細菌が侵入する可能性があるからです。

 

脱毛する人たちに知っていてほしいのは、例えば、1平方センチメートルの脱毛をしたとします。“もう、生えてこない”と思うでしょうが、本当はそうではないのです。

 

実は、だいたい3倍の毛が潜在しているのです。つまり、表面に見える毛は、総本数の1/3の毛が永久脱毛されてしまうと、その予備軍ともいうべき次の1/3の毛が成長してきます。結局、3回やって初めて次に生えてくるべき毛がなくなり、ようやく永久脱毛が成功したということになるのです。

続きを読む≫ 2013/11/07 00:30:07

アメリカの永久脱毛の教科書で、最初に出てくるのが永久脱毛の歴史、道のりです。

 

アメリカでは、今から約100年前、すなわち、1875年(明治8年)にミズーリ州セントルイスのチャールズ・E・ミッチェル博士が電気分解法による脱毛法に成功しました。

 

それ以前には、いまでは考えられないような毛根にわざとばい菌をつけるようなことをしました。無殺菌の針をインサートして、炎症を起こさせてみたり、石炭酸を注射してみたり、表面に硫酸を塗ったり、色々な苦労をしてムダ毛を除去していました。

 

しかし、その方法は毛根を破壊するというよりも、
逆に傷跡を残すというような結果になってしまったのです。

 

そして、わが国でもそうですが、その他の国々でも軽石でこするとか、糸で取るとか、また、一番安直な形では剃る。また、脱毛以外でもムダ毛の処理法として脱色するためにビールをかけるとか、オキシドールをつけるとか、色々な処置が講じられてきたのでした。

 

それが100年前に、電子工学の応用で、一見畑違いのムダ毛の除去に成功したのです。

 

このときのミッチェル博士の研究は直流をニードル(小さな針)を通じて流し、毛穴にインサートするすごく簡単な方法でしたが、現在の電気分解法の基本的なもので、その研究により、まつ毛の内側への成長、すなわち逆さまつ毛を防ぐことができたと学界で発表されて、大いに反響を呼びました。

 

その化学反応により、毛の成長がストップするらしい、との推論が主流を占めるようになっていったのです。

 

今なら永久脱毛サロンで簡単に永久脱毛できる時代になりました。時の流れを感じますね。

続きを読む≫ 2013/11/07 00:30:07

日本人の場合、ワキガの悩みは深刻です。特に女性の場合は、ワキガを大変嫌がる傾向にあり、そのため恋人もできないという若い女性もいるほどなのです。

 

ムダ毛があると、アポクリン腺、エクリン腺など分泌物が毛につき、それが空気中の酸素と結合して腐敗したような悪臭を発する原因になります。

 

したがって、ムダ毛をある程度取り除いてしまいますと、ワキガが防げるのです。陰部や内耳の毛なども、ワキの毛と似ていて、体の他の部分(手や足、胸など)に出る汗と異なるわけです。普通の皮膚の汗が酸性なのに対して、ワキや陰部などの汗はアルカリ性で、それに老廃物が混合するため、いやぁ〜な臭いを伴ってきます。

 

そこでムダ毛の処理をしますと、そこが常に清潔に保たれ、汗がたまって臭いを発するということがある程度防げます。ひどい場合には汗腺の手術を伴いますので、やはり素人療法はやめて、専門家に相談することをオススメします。

 

ワキガについては脱毛した場合ある程度の匂いは緩和されますが、ニオイ自体をシャットアウトできるというわけではありません。

 

脇汗を止める・抑える方法[ワキ汗に効く塗り薬・制汗剤ランキング]というサイトではワキガの臭いにも効くデオドラントを紹介していますが、これらは汗を抑えることによってワキガの匂いを抑える商品になっているようです。

 

陰毛なども、剃ったり抜いたりすると、毛先がのびてきてしまい、皮膚を傷めたりしてしまいます。特にこの部分は、皮膚が大変やわらかくデリケートですから、充分注意して処理したいものですね。

 

ムダ毛はまだ特殊なもの、悩みなんて一部の人のものという考え方があり、その実情に何らの行政的スポットも当てられてはいません。

 

脱毛用の機器類の製造販売も、利益を最優先する日本企業にあっては特殊な分野と思われ、その開発研究は一部の中小・零細企業にまかされてしまっています。

 

続きを読む≫ 2013/11/07 00:28:07

本来、ムダ毛を剃るということは、皮膚をキレイに見せるということが一番の目的です。だから皮膚を傷めてしまっては何もならないわけです。

 

おまけにブリーチなどの脱毛は、繰り返して行っていかなければならないので、精神的にもストレスの原因になりかねません。

 

その上、色々やっていると、今度は皮膚自体が固くなってきて、軟らかさがなくなっていきます。本来なら皮膚から出てくるはずの毛が表面に出にくくなるため、皮膚の下で内部成長したままになるというケースもあります。

 

こうなると皮膚は正常な新陳代謝を行わなくなり、ピンセットなどでいちいち毛をほじくり出して抜いていかなければなりません。ひどい場合は、切開して手術する女性もあり、深くなると出血を伴うような内部成長毛になってしまいます。

 

一般に素人療法による脱毛法で問題になるのは、剃ったり毛抜きを使ったり、あるいはワックスの場合、毛を途中で切ってしまうことです。

 

毛はもともと収縮性を持っていますから、ひっぱられるとのびて、切れた部分がチリチリになって毛根のところへ戻ってしまいます。それが成長すると、まっすぐ生えてこずに、ゆがんだり、曲がった毛になってのびてきます。このことは、頭の毛で白髪をぬいたときなどに、よく経験することです。

 

皮膚の外へ生えてくる場合はまだいいのですが、これが前述したように皮膚の内部に生じてしまうと大変な場合も多々あるものなのです。

 

毛を抜くという行為だけで体に影響を与えてしまうのも損な話ですね。

続きを読む≫ 2013/11/07 00:27:07

日本でも昔から毛深いことへの悩みは女性にとって深刻だったようで、そのためにいくつかの脱毛法が言い伝えられています。

 

なかでもちょっとすごいな、と感じるのは、毛を生えさせている組織を破壊しようとして、無殺菌の針でわざと毛穴をつつき、炎症を起こさせるというやり方です。これは主として足や腕などに行われたようですが、一歩間違えると毛は生えてこなくなるかもしれませんが、炎症によりケロイドの傷跡が残ってしまいます。

 

また、砂利などをこすりつけたり、炎に足をかざして毛を焼いたり、あるいは薬剤などをぬったりする方法も行われています。かなり危険な荒治療だと思いますが、それだけ、毛深いことに対する悩みが大きかったのでしょう。

 

みなさんも話を聞いたことがあると思いますが、ビールやオキシドールで脱色するという方法もあります。また最近は、脱毛、脱色用の化学薬品なども色々と出回っています。

 

しかし、これらの方法では、濃度とか時間など厳密に守って、またその人にマッチした方法でやらないと、思うような効果が得られません。毛を焼き切るとか脱色するわけですから、間違えると当然皮膚にも影響を与えて、炎症を起こしたりしてしまいます。

 

中国では、ぐるぐる巻きの糸を使って脱毛する方法の他に、松ヤニを使って行う方法が伝えられています。これはワックス脱毛法のはしりのようなもので、松ヤニを温めて皮膚に塗り、固まったところをバリッとはがすというやり方。

 

古今東西、色々な方法が考えられていたのですね。

続きを読む≫ 2013/11/07 00:26:07